【終了】8/31(日)開催 100W太陽光発電システム組立ワークショップ&講演会「エネルギーをみんなで自給していこう!」


◎終了しました。ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました。

140831solar1

8月31日(日)に「自エネ組」共同代表の大塚尚幹さんを講師にお招きし、100Wのソーラーパネルを用いた太陽光発電システム組立ワークショップ(材料費39,800円または43,300円)と講演会「エネルギーをみんなで自給していこう!」を開催します。

◇10:00~12:00 太陽光発電システム組立ワークショップ

solorworkshop

数百万円をかけた太陽光発電システムを家庭に導入するのは、急には難しいものです。だからと言って今のまま電気を使い続けるのも、なんかちょっと気になる面もある。少しでもいいから、自然エネルギーを生活の中に取り入れたい。そんな思いをお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今回開催するワークショップでは、100Wという小さなソーラーパネル1枚を使って発電するシステムをみなさんの手で組み立てていただきます。発電した電気はバッテリーに充電し、テレビやパソコンなどの電力として使うことができます。晴れた日に発電できる量は300Wくらいでしかありませんが、生活で消費する電力の一部でも自給するということは、とても意義のある一歩なのではないかと思います。

◎講師 大塚尚幹さんからのメッセージ

停電時に威力を発揮するのがこの独立電源です。東日本大震災から20日後、まだ停電地帯の南三陸町へソーラーパネルとバッテリーを持っていきました。あちこちにガソリン等の発電機はあるのですが、どこも動いていません。震災から20日経ったって、燃料も流通しないのです。そんな時こそ、この独立電源システムが威力を発揮します。災害の備えとしても活用して下さい。

◎次のような方たちに、ワークショップの参加をオススメしています

  • 太陽光発電や自然エネルギーに興味をお持ちの方
  • 自分が生活で消費している電力のうち少しでもいいから自給をしたいとお考えの方
  • 近い将来オフグリッド生活に移行したいとお考えの方(電力会社との契約を解除し、独自の電源で生活する。)
  • 災害時の非常用電源として手元に置いておきたいとお考えの方
  • キャンプなどのアウトドア活動の電源として使用したいとお考えの方

◎こんな太陽光発電システムを組み立てます

20140612ソーラー発電ワークショップ部材

<キット内容> ※以下のいずれかを選択できます

①材料費 39,800円
100Wソーラー発電パネル 中国製 単結晶
ソーラーパネル用ケーブル MC4 5m
再生ディープサイクルバッテリー 38AH
充電コントローラー Phocos社 PWM 20A
疑似サイン派インバーター  他

②材料費 43,300円
100Wソーラー発電パネル 中国製 単結晶
ソーラーパネル用ケーブル MC4 5m
再生ディープサイクルバッテリー 60AH
充電コントローラー Phocos社 PWM 20A
疑似サイン派インバーター  他

◎1日の発電目安は約300Wです

  • 60Wのノートパソコンを約5時間使用可能
  • 10WのLED電球を約30時間使用可能
  • 32インチの液晶テレビを約2~3時間使用可能

 

◇13:30~15:00 講演会「エネルギーをみんなで自給していこう!」

自エネ組」と呼ばれる自給エネルギーチームがあります。その共同代表の大塚尚幹氏をお招きし、ご自身のエネルギー自給の実践内容や、各家庭で取り組めることなどをお話していただきます。大塚氏は、自宅で使用する電力をソーラー発電で自給し、契約している電力会社からの電気に頼らない生活を実現しています。それも、生活を楽しみながら、ワクワクしながらエネルギーを自給しているのです。どうやったらそういった生活を実現できるのでしょう? 家庭でのエネルギーの自給や自然エネルギーに興味のある方にはとても楽しめる内容の講演会です。ぜひご参加ください。

◎自エネ組とは

自エネ組(自給エネルギーチーム)は、自分たちでエネルギーを自給していこうという主旨で立ち上げた組織です。組織と言っても何の束縛もありません。エネルギーを少しでも自給しているなら、もうあなたは自エネ組のメンバーです。

日本国でエネルギーだけでも年間24兆円も外国に払っています。日本の資源(森林、太陽光、技術)を有効に使い、出来るだけ地域で自給して、そのお金を少しでも地域経済へシフトしていけば、地域産業が生まれ、地域経済が活性化されます。そしてお金をあまり使わなくても豊かに生活出来るようになることを自エネ組は目指します。

また、今後はエネルギーだけでなく、食料の自給も目指します。

詳しくは自エネ組のホームページをご覧ください。

 

【ワークショップ&講演会 開催概要】

◎日時

パネル日和な、8月31日(日)

100W太陽光発電システム組立ワークショップ 10:00~12:00
講演会「エネルギーをみんなで自給していこう!」 13:30~15:00

◎会場

燕三条地場産センター リサーチコア6階 研修室

 

◎参加費

★ワークショップ(材料費)・・・39,800円または43,300円

(バッテリー容量によって価格が変わります。どちらかをお選びください。)
※ワークショップ参加者は、講演会は無料でご参加いただけます。
※材料費は事前に銀行振込をしていただきます。8月15日(金)までにお振り込みをお願いすることになりますので、詳しくはお申し込み受付後に届くご案内メールでご確認ください。

★講演会・・・500円(高校生以下は無料)

※当日会場受付にてお支払いください。
※500円の参加費で、午前中のワークショップ見学と午後の講演会の両方に参加できます。

◎定員

100W太陽光発電システム組立ワークショップ 先着8名(※受付を終了しました)
講演会「エネルギーをみんなで自給していこう!」 先着50名

◎ワークショップ&講演会 講師

自エネ組 共同代表 大塚尚幹 氏

shokan一級建築士。

福島県川内村で自給自足の自然生活をおくっていたが、福島原発事故を機に家族で岡山へ避難。

2013年2月、電力会社や企業に頼らないエネルギーの自給自足をめざす自然エネルギーチーム「自エネ組」を立ち上げる。

今後はエネルギーだけでなく、食料の自給自足もめざすことに。

独立電源ソーラー発電キットなどを提案販売するワークショップを各地で展開中。

 

◎当日の持ち物

ワークショップ参加者・・・筆記用具
※ワークショップで使用する工具類は主催者の方で用意させていただきます。

◎ワークショップ参加者の交通手段について

ワークショップで組み立てた太陽光発電システムは、各自でお持ち帰りいただきます。パネルやバッテリー等を合わせるとかなりの重量になりますので、必ずマイカー等のお車でのご来場をお願いします。主催者側でお預かりすることはできませんので、予めご了承ください。宅配便等での発送を希望される場合も、必ず参加者自身で手配をしていただくようお願いします。

◎参加お申し込み

受付を終了しました。

 

◎主催

エコライフを楽しむ会